お茶に含まれているカテキンは皮膚を白くする。

お茶にはカテキンが含まれています。その成分を知らない人は少ないかもしれないですが、毎日、皮膚に塗ることで肌を白くする効果も期待出来ますよ。カテキンを肌に塗ると、皮膚に存在するメラニンを排除する作用が働き、日焼けした後にも塗れば、皮膚が黒くならないように働きかけます。活性酸素を除去する力もあり、皮膚を清潔に保ちますから、吹き出物を治す為にも効果をあらわします。毛穴も引き締める作用もありますから、肌にはメリットだらけなのですよ。

抹茶を溶かして塗ると刺激がある、市販の化粧品類で。

そんなに効果があるなら、緑茶や抹茶を使って皮膚に塗れば良いのでは、と言う方もいらっしゃると思われます。しかし、抹茶にはカフェインや刺激物質が入っていますから、飲む分には良いですが、皮膚にストレートに付けるのは、炎症やトラブルの原因になりますから、注意してほしいところですね。緑茶の方がまだ刺激は少ないですが、カテキンに絞った化粧品類に期待した方が良いでしょう。緑茶や抹茶は飲み続けていく事で、肌を白くしていきますよ。

カテキンとビタミンCの組み合わせ。

カテキンは皮膚に存在するメラニンを除去するように促すと、先に記入しましたが、使い続けていく事で良い結果があらわれますよ。しかし、カテキンだけでは物足りない、或いは、さらに効果を実感したい人ならばビタミンCも良いでしょう。ビタミンCは肌を白くする事で広く知られていますが、皮膚を綺麗にする作用もありますよ。毛穴にも効果を発揮しますが、カテキン配合の化粧品類と合わせる事で、より一層、メラニン除去の効果を期待できるでしょう。

美容液は、肌に必要な成分を補う目的で使います。有効成分配合なので基礎化粧品の中でも値段は高額になりますが、使い続ける事で肌悩みが融和されます。