食生活の改善はダイエットの要

ダイエットをしたいけれど何から始めたら良いかわからないということはよくありますよね。食事制限をどのようにしたら良いのか、運動はどの程度したら良いのかと悩んでしまって始められない人も少なくないでしょう。そのときにまず考えておきたいのが食生活です。ダイエットを成功させられるかどうかを大きく分けるのは食生活の改善ができるかどうかにあるということは知っておくと良いでしょう。迷ったらまず取り組むべきなのは食生活の見直しです。

クリニックで行われる基本指導とは

ダイエットに向いている食生活は何かと悩んだらまずはダイエットクリニックで指導を受けてみると良いでしょう。個々のケースに応じて何が太っている原因で何をすれば改善できるのかを指導してもらえます。その基本指導として共通しているのは低脂肪食を推進しつつ、タンパク質が不足しないようにするというものです。炭水化物、タンパク質、脂質はバランスよく摂る必要がありますが、現代の食生活では脂質が過剰になっていることが多くなっています。

和食への回帰がポイント

具体的にどのような食生活をしたら良いかという観点になるとよくダイエットクリニックで言われるのが和食に回帰することです。もともと日本人は肥満に悩まされることがなかったのは和食が健康維持に適しているものだからです。魚や卵のように良質の脂質を適量含んでいて、タンパク質も豊富なものを主菜とし、副菜として野菜を豊富に食べるというのはダイエット食として合理的と言えます。基本の方針として和食への回帰を考えるのがポイントなのです。

ダイエットクリニックは、医師や栄養士の指導のもと健康的にダイエットをすることが出来る病院のことです。